木の工房 風

ひとこと

ワクワク感を感じさせる作品作り           ”新付加価値の創造”(2017/1/3 T.Hayashi)

小枝真人展

Posted by 「木の工房 風」 on   0 comments

9/14(土)三島信用金庫のギャラリー「善」で行われている、小枝(さえだ)さんの染付の展示会に行って来ました。

小枝さんの工房へは、今年の5月の伊豆高原アートフェスティバルで二度目の訪問をさせていただきました。
今回の展示会では、写真撮影OKということでしたので、展示品のすべてをご紹介したかったのですが、残念ながら、ギャラリーの照明の関係で、透き通ったような白磁の白と澄んだ藍色がうまく撮影できなかったので、掲載は窓側に展示してあって、外光に当たって、きれいに撮影できた作品を中心にしました。
作品数は、50点以上もあり、大皿、水指、鉢等については、ストロボあり、なしの両方で撮影しましたが、クリーム色っぽくなってきれいに撮影できませんでした。(撮影技術の無さを自覚)

IMG_5822_1.jpgIMG_5825_1.jpgIMG_5828_1.jpgIMG_5801.jpgIMG_5802.jpgIMG_5803.jpgIMG_5804.jpgIMG_5812.jpgIMG_5813.jpgIMG_5831_1.jpg


今回の展示品は、伊豆高原にある工房の周りに訪れる野鳥を題材にした作品を中心に出品されたそうです。
スズメ、カラス、タカ、カワセミ、キツツキ、メジロ、シジュウカラ等。
二番目の写真の染付水指「翡翠」は表面をサンドブラストで加工されており、つや消しの雰囲気は、しっとりとして気品を感じさせる趣が、私は好きです。(写真をクリックして拡大してみてください)
最後の写真の染付角皿「翡翠」も非売品ですが、好きな作品(写真不良)です。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する