木の工房 風

ひとこと

ワクワク感を感じさせる作品作り           ”新付加価値の創造”(2017/1/3 T.Hayashi)

川本昭彦:ステンドグラス展(その2)

Posted by 「木の工房 風」 on   0 comments

川本さんの工房では、川本さんご夫婦をはじめ、9名のスタッフでステンドグラスを製作されているそうです。

http://www.glass-kawamoto.jp/
かわもと工房

かわもと工房でのステンドグラス製作の特徴は、「ケイム技法」を多用していることだそうです。
<ケイム技法>
カットしたガラスとガラスを断面がH型の鉛線(ケイム)でつないでいく技法のことを言います。
ドアや窓に入れるパネルなどによく使われます。ヨーロッパで古くから使われている技法です。
<コパーホイル技法>
カットしたガラスにコパーホイル(銅箔のテープ)を巻いて半田でつないでいく技法のことを言います。
この技法は様々な曲線に対応できるので、手書き風のラインや細かい曲線など、自由なデザインを可能にします。
どうも日本では、コパーホイル技法の方が一般的に行なわれているようです。

IMG_4371_1.jpg     IMG_4370_1.jpg
<製作工程>                        <工具類>
IMG_4373_1.jpg
<かわもと工房地図>

関心のある方は、是非一度訪問されるといいと思います。
プロが多用するようないいガラス材は、日本では、製作されていないようなので、一般の人は入手が困難なようですが、「かわもと工房」では、ご夫婦がアメリカに行って、直接購入されてくるそうですので、工房に伺えば、小売もしていただけるようなので、是非訪問されることをお薦めします。


IMG_4340_1.jpg     IMG_4341_1.jpg

IMG_4367_1.jpg     

IMG_4369_1.jpg     IMG_4374_1.jpg

IMG_4375_1.jpg     IMG_4376_1.jpg     >IMG_4377_1.jpg

IMG_4378_1.jpg     IMG_4379_1.jpg

IMG_4380_1.jpg     IMG_4381_1.jpg

IMG_4382_1.jpg     IMG_4383_1.jpg

IMG_4384_1.jpg     IMG_4385_1.jpg












Post comment

管理者にだけ表示を許可する