木の工房 風

ひとこと

ワクワク感を感じさせる作品作り           ”新付加価値の創造”(2017/1/3 T.Hayashi)

建築家・谷尻 誠

Posted by 「木の工房 風」 on   0 comments

世界が注目する新進気鋭の若手建築家・谷尻 誠(38歳)。

74年広島県生まれ。94年穴吹デザイン専門学校卒業後、設計事務所勤務を経て、2000年建築設計事務所Suppose design office設立。建築をベースとして、新しい考え方や、新しい建もの、新しい関係を発見し、提案することを掲げ、活動を続けている。

以下、谷尻誠氏に関する各種資料からの抜粋です。
**************************************************
生い立ちや学歴にコンプレックスを抱くも逆境を乗り越え、建築業界に旋風を巻き起こした。
固定概念にとらわれず、常識を疑い、常に新しいものを生み出す。
建築デザインのコンペの結果、2番で負けてしまったが、負けた時は一番強くなる時と語った。

身近なものの見方をちょっと変えてみる。
建築家・谷尻誠は、いつもそんなふうに考えます。それはある意味「勘違い」。
しかし、勘違いすることで新しいものが見えてきて、建築の大きな可能性が広がるという。
「僕は勘違いしながら生きてきた」「勘違いは才能」と話した。
  
「可能不可能の境界はどこにあるのだろうかと考えてみる。昨日まで出来なかったことが、今日では当たり前に、未来ではスタンダードに、そんなことにとても興味があります。そんな「境界線」についていつも考えているような気がします」と語る。
「もしも布で建築を作ったら?」「重力が存在しないと成立しない建築物を浮かせたら?」。目の前にある当たり前の概念を疑い、建築の可能/不可能の境界を再定義しながら、常に新たな課題に取り組み続けている。
建築を広義に捉え、建築と人間、空間と行為などソフトとハードの関係性に着目したさまざまな実験を行い、さまざまな分野から注目を集めている。

ものを作る時にまず求められることは、問題を解決することなんですが、仕事をしていくうちに、見えている問題に対して答えを見つけていくことよりも、そもそもの問題が何なのかということを提起していくことの方が大切なんじゃないかと思うようになった。

「僕が一番大事にしていることは、すでに世の中にあるものや自分の経験などを一度リセットして考えるということです。」
建築というのは、「これはこういうもの」という常識や知識が浸透しているので、住宅なら住宅らしいものを、美術館なら美術館らしいものを作ろうということになりがちです。
でも、「住宅らしいもの」を作ることが目的ではなく、人が住む場所をどう作るかということや、アート作品を飾る場所はどうあるべきかということを考えることが、本来の僕らの仕事であり、クリエーションだと思うんです。

最近は、物事の「名前を取る」ということをしています。
例えば、コップから名前を取ってしまえば、そこに水を入れて花をさすことも、金魚を飼うこともできるだろうし、水を入れずに鉛筆立てにもできる。餃子の皮を丸く切るための道具にしてもいいですよね。
コップという名前があるがゆえに、飲み物を飲むための道具としてしか使われなくなってしまうんです。
そう考えていくと、逆に名前が無ければ、「はじめて考えるときのように」向き合えるようになるんじゃないか。

広島の事務所の3Fスペースで、さまざまなゲストを招いて開催しているプロジェクト「THINK」について。
「空間を作らない」ということに決めているんです。空間自体は解体されたままの廃墟のような場所なのですが、そこで行われる「行為」に着目することをテーマにしています。
トークをしてもらった時は、トークショーの場所に、歌ってくれた時はライブハウス。フードディレクターを呼んでみんなでご飯を食べるとレストランという名前が付く。
建築家が介在しなくてもそこに人の行為があれば場所としてしっかり成立するが、同時に何がギャラリーやレストランという空間を決定付けているかということが浮かび上がってくる・・・建築家にとって学べることがスゴく多いんです。
谷尻誠インタビュー
**********************************************************

これらの言葉の中には、「もの作りに大切な見方、取り組み方」が多く提示されていると思います。
学歴とは関係ない生き方のなかから、こういった才能を開花させる人物は・・・いつの世にも、どんな世界にも存在していると思いますが、これからの社会、もっともっと学歴だけに頼らない、創造的、独創的な生き方をする若者が多く輩出する時代になることを、願っています。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する