木の工房 風

ひとこと

ワクワク感を感じさせる作品作り           ”新付加価値の創造”(2017/1/3 T.Hayashi)

パン工房「森のおくりもの」

Posted by 「木の工房 風」 on   0 comments

先日伺ったパン工房「森のおくりもの」の増田さんに窯焚きの見学ができるかどうかの問い合わせをしました。

ご丁寧な回答を頂きましたので、その一部をご紹介します。
*************************************************************
先日は山の中までご来店ありがとうございました。
お三方様の木工・陶芸・藍染とどれも憧れがあります。しかし私の選んだパン屋は、朝早くから夜遅くまで一日中、超過密作業で他の手習いもままになりません。自給自足の家庭菜園と日本蜜蜂が精一杯です。
*************************************************************

パン焼き作業がいかに大変か・・・その様子をご紹介頂きました。
********************************************************
まず、火入れは毎日朝6時の点火です。薪は前日窯へいれて準備してあるので当日は、点火だけです。
パンつくりの作業は5時30分から窯入れ午後1時ころまで朝食休憩のみで断続作業となります。
パンの窯入れは13時前後・窯出しは13時30分前後で完了は14時頃となります。

遠方からのお客様が多いので、中には到着予定時間が早くそのままお待ちになり窯入れから窯出しまでをご覧になることもあります。窯入れ・窯出し・アツアツあんぱんやチーズパンを召しあがって感激される方も多いです。
今まで多くの方から同様のお問い合わせがありましたがご遠慮頂いておりますのでご理解くださいませ。
********************************************************

パン屋さんが朝早いのは知ってましたが、思いのほか、パン作り作業が大変なのがよく分かりました。
薪を使った窯焼きであることも、神経を使う大変な作業だと思います。
安易に窯焚き見学などとお願いしたのは、軽率であったと恐縮しています。
「人生の楽園」というTV番組をみていると、出演者の方が何か身近な存在のように勘違いしてしまうのは、私だけではないような気がしますが・・・このようなメールを頂くと、増田さんの心遣いが嬉しくて、これからも応援したい気持ちになりますね。

好きで始めたこととはいえ、仕事となるとやはり大変ですね・・・たまには息抜きをされて、楽しく長く続けられることを願っています。

次回は、アツアツの焼きたてパンが食べられることを楽しみにして、午後少し早めに伺ってみたいと思います。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する