木の工房 風

ひとこと

ワクワク感を感じさせる作品作り           ”新付加価値の創造”(2017/1/3 T.Hayashi)

漆芸家:鳥毛清さん

Posted by 「木の工房 風」 on   0 comments

高松宮記念賞を受賞した、漆芸家:鳥毛清さんの沈金飾箱「緑風」です。

鳥毛さんは、敢えて下絵を書かないそうです。
それは、下絵を書かない方が製作に緊張感がありいい作品に繋がるのだそうですが、生み出される作品は、大変写実的で、とても刃物で刻んだようには見えません。

http://www.nihon-kogeikai.com/KOGEITEN/KOGEITEN-058/KOGEITEN-058-00355.html
 蔦の蔓に、小さなイトトンボがとまっている。のどかな夏の情景を、沈金で意匠を表す。通常は、文様部分に沈金を施すのだが、逆転して背景部分に沈金を施して、イトトンボは黒地のままである。深い蓋を上げると、中は二段で、同様意匠が身の側面にも続く。蓋や身の中段を90度回転させてかぶせても、意匠は全て連続している。    (小池富雄)

沈金とは、漆面に棒状の刃物(沈金ノミ)で絵を刻んで、金粉や金箔などを擦り込んで仕上げる漆芸技法のひとつです。

私も数年前に4日間の漆セミナー(東京芸大:三田村有純教授)を受講したときに、沈金も経験しましたが、点、線、面を各用途にあった刃物で刻むことで、形、濃淡等を表現しますが、とても繊細な作業です。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する