木の工房 風

ひとこと

ワクワク感を感じさせる作品作り           ”新付加価値の創造”(2017/1/3 T.Hayashi)

長勝さんⅡ

Posted by 「木の工房 風」 on   0 comments

職人技の長勝さんといえば、今年1月に京都に引っ越され少し落ち着かれたご様子です。

先般、わざわざ引越し時のお礼と新居のご案内のはがきを頂きました。大変恐縮しています。
旭川を皮切りに羽幌-札幌-伊豆(伊東)-京都と転居され、年齢も74歳?だそうですが、いまだバイタリティの塊のような方です。
お礼状の中には「生涯を通して周囲の方々に如何に支えられて生きて来られたかを肌で感じ、只々感謝あるのみであります」と謙虚に感謝の気持ちを表されています。
また「今後は伝統の技術を後世に伝え、世界に貢献出来る様、努力する覚悟で御座います」とさらに活躍されることが書かれています。
ただ素晴らしいの一言でただただ頭の下がる思いです。

伊豆番匠のデザイナーHさんからのメールでは、「長津さんは京都へ移転されてからも、茨城大学との共同研究、また、6月末から3週間、チェコ、ドイツ、イングランド、フランスへ鋸研ぎの指導のための旅行の準備と、大変お忙しくされています。ご夫妻共々大変お元気でいらっしゃいます」と嬉しい報告も頂いています。

はがきには、手書きで「私宛ての移転/ブログ掲載のお礼と京都へのご案内」が追記されていました。

その分野の頂点に立たれる方は、技術はもとより、思いやり、謙虚さ等、人間的にも優れた方であるということを実感しています。

パソコンで「長勝鋸」を検索してみて下さい。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する