木の工房 風

ひとこと

ワクワク感を感じさせる作品作り           ”新付加価値の創造”(2017/1/3 T.Hayashi)

手根管症候群(その2)

Posted by 「木の工房 風」 on   0 comments

手根管の手術をして、感じたこと。

それは、片手しか使えない事の不自由さです。
私の場合は、術後のほんの数時間のこと。

私の友人S氏は、脳梗塞で左半身不随という大変な状態ですが、それでも、前向きに音楽活動をしたり、木工作業をしたりしている。
いまの、私には、考えられないことである。

私がいま、そんな状態になったら、木工機械は使えない、**はできないと木工活動ができないことを嘆くことだろう。
たまたま、今回ほんの数時間ではあるが、右手がまったく動かない状態を経験したことで、友人S氏の大変さを実感することができた。
何事も経験が大切であることは確かだが、裏を返せば、それは「想像力」の欠如と言わざるを得ない。
以前から、私の想像力が乏しいことは、認識していたが、今回のことで、またも露呈してしまった。

しかし、これによって友人S氏の力強い生き方を再認識することになった。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する