木の工房 風

ひとこと

ワクワク感を感じさせる作品作り           ”新付加価値の創造”(2017/1/3 T.Hayashi)

家具工房「NEW FOREST」(その2)

Posted by 「木の工房 風」 on   0 comments

<つづき>
ギャラリーには、多くの家具が陳列されていました。

IMG_7593_1.jpg IMG_7591_1.jpg IMG_7590_1.jpg IMG_7592_1.jpg

以前、個展で拝見した赤い水屋も見ることができましたが、この赤色は朱漆で仕上たものだそうです。
また、初めて拝見した、白黒二色のイスは杉材で作られたそうです。
杉のような針葉樹は、広葉樹に比べて柔らかいのでキズが付きやすく、あまり家具には使われていな材料ですが、座った時の柔らかく温かみのある感触は、杉材ならでは・・・と思いました。
こうして、素材の良さを十分に理解して、それを前面に出して作られているところは、油田さんのオリジナルの考え方が出ていると思いました。

そして、この杉イスは、二色にしたところに、非常にセンスの良さを感じます。
大変失礼ですが、木地の単色だったとしたら、それほど印象はなかったように思います。
黒の部分があることでオリジナルカラーが突出していると思います。

油田さんは、京都の学校を出てから滋賀の訓練校で木工技術を修得され、そのまま家具製作所に勤め、その後、ご実家の都合で地元三重に戻られて工房を立ち上げ、オリジナル家具製作を続けられてきたそうです。
家具製作所では、フラッシュ材の家具だったそうですが、無垢材の取り扱いとは大きく違っていたはずですが、もの作りという点で、その時の経験は大変いい勉強になったと、話されていました。

いずれにしても、油田さんの作られる家具デザインのオリジナル性は、どこから来ているのか・・・
非常に興味があります。
私がこのところ考えている、「存在感」とか「味がある」という観点からして、油田さんの家具は、とても油田カラーが出ており、すっきりとした、爽やかな存在感を感じます。

赤の水屋も、朱漆で配色されたことで、独特な存在感が出ていると思います。
ここに写真はありませんが、抽斗の取っ手の取付け方もユニークにデザインされており、私も参考にさせていただいています。

どの家具もアイデア満載で、作り手としての私には、非常に勉強になる興味の湧く家具ばかりです。
こうした方が、もっと身近に居ていただけたなら、どんなに楽しく家具作りができたことでしょうか。

お忙しいでしょうが、機会を見つけてもっともっとお話を伺いたいと思っていますので、
油田さんよろしく、お願い致します。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する