木の工房 風

ひとこと

ワクワク感を感じさせる作品作り           ”新付加価値の創造”(2017/1/3 T.Hayashi)

マンドリン工房

Posted by 「木の工房 風」 on   0 comments

伊東市役所ギャラリーでの「伊豆番匠展」に来場していただいた、ギター製作者の長崎さんの知人の方が、会場近くにマンドリン工房を構えられているということで、長崎さんとご一緒に工房訪問をさせていただきました。

正直なところ、マンドリンにはあまり関心がありませんでしたが、工房を拝見させていただいて、マンドリン製作に大変興味が湧きました。

中学生のころ、友人のお姉さんがマンドリンをされていて、マンドリンに少し触らせていただいたことがありましたが、改めて製作されたマンドリンを見て、こういった楽器だったのか・・・と認識を新たにしました。
マンドリン工房 リウテリア野口

楽器は、家具と違って音を奏でる繊細なもの。
形、材質、板厚、塗装等々で音色が変わってくるもの。
それを常に一定レベル以上に製作する技術は、並々ならぬものだと思いました。

音のことは、よく分かりませんが、形作る製作工程には、大変興味が湧きました。
豊満な女性のお尻を思わせるような丸みのある胴の作り方は、まさに長年の経験から作り出される手作り感満載の造形でした。
いつも直線的なデザインの家具しか作っていない私にとっては、魅力ある造形でした。

こうして、いろんな方の工房を訪れると、いつも何か勉強になるものがあり、創作意欲が掻き立てられます。
いつかこの手法、造形を取り入れた家具を作ってみたいと思いました。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する