木の工房 風

ひとこと

ワクワク感を感じさせる作品作り           ”新付加価値の創造”(2017/1/3 T.Hayashi)

職人さんの凄技Ⅳ(熱海楠細工)

Posted by 「木の工房 風」 on   0 comments

IMG_2737.jpg
IMG_2754.jpg
<熱海楠細工 天秤柄>

この柄(ほぞ)は、熱海楠細工独特のほぞで、三角形の形が天秤の中心の形に似ているところから「天秤柄」と名付けられたそうです。
この写真は、上の板(ほぞ穴)を下の板(ほぞ)に接合させる初めの状態です。ここから上の板を叩いて下の板に接合させます。

このほぞ穴形状は、ほぞ穴の先端部が非常に細いスリットのため、鋸による手作業でないと出来ない加工です。
まずは、雌のほぞ穴を加工して、それに現物合わせで、ほぞを加工するのだそうです。

機械加工がメインの私にとっては、手加工技術の腕を磨くいいチャレンジ課題かもしれませんし、こういった切り口から徐々に本当の手加工技術を習得できるとしたら、いいアプローチかも知れません。
うまく行けば鋸の細工技術と超仕上げの鉋がけの技術が少しは習得できるかも知れませんので、チャレンジしてみる価値はありそうです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する